院長プロフィール

院長:水野秀雪

「施術の流れ」より
水野秀雪プロフィール
水野 秀雪(みずの ひでゆき)

体のゆがみを治すプロフェッショナル
水野整体スクール 校長
整体院「恵み」 院長 (旧しんそう春日井高蔵寺)
株式会社サンクフリー 代表取締役
1966年 岐阜県多治見市生まれ

平成20年4月~平成27年9月 しんそう療方 林宗駛先生に師事

平成22年7月に開院後、わずか1年で年間のべ2000人が来院する治療院へと成長させ、現在は年間のべ3000人を超える患者さんに体のゆがみを治す「やさしい手技の無痛整体」の施術を行っている。

「一人でも多くの患者さんを笑顔にしたい!」そんな想いを胸に、現在は整体院「恵み」で日々患者さんを施術する傍ら、「水野整体スクール」で後進の指導を行っている。

整体院「恵み」では、体がゆがむことで起こる様々な痛みや不調だけではなく、最近特に増えている「不妊」で悩む女性に対して積極的に周知活動を行い、通院1年以内の妊娠率が60%(平成27年3月現在)を超える実績を誇るなど勢いは止まらない。

● CBCテレビ「INPACT」、FM愛知「オレンジじゃNIGHT」、雑誌「国際グラフ」等で当院が紹介されました
メディア掲載ページをご覧ください
将来の夢
現在の日本の抱える問題の一つ『 少子化 』の改善を目指します!

 

少子化の原因に不妊率が高くなり、子供が妊娠できない女性が増えていることが挙げられます。

なぜ妊娠できないのか?妊娠できない原因のひとつに、骨盤や体のゆがみが考えられますので、「やさしい手技の無痛整体」で妊娠できやすい母胎を作り、一人でも多くの赤ちゃんをこの世に迎えられるよう、妊娠できない女性の応援をいたします。

 

現在の日本の抱えるもう一つの問題である高齢化による介護人口の増加を食い止めたい。

 

「やさしい手技の無痛整体」で体のゆがみを治せば、自分の手足が自由に使え、介護してもらわなくてもよい体が作れます!歳をとっても、元気に生活できれば、介護施設も病院も必要なくなる、そんな日本にするため、この素晴らしい予防医学としての施術を一人でも多くの方に知っていただきく活動を行っていきます。

生年月日
1966年1月26日
血液型
O型
趣味
スキー(国体に2度出場しました)
ゴルフ(富士カントリー可児クラブ
カラオケ(お酒を飲みながら歌ってます)
美味しい料理を食べ、美味しいお酒を飲むこと
しんそう療方との出会い
高校を卒業後に就職した会社のスキー旅行をきっかけに、その当時大ブームだったスキーを始め、1990年頃よりスキー競技に目覚め、いつしか国体出場を目指すようになりました。

サラリーマンをしながらトレーニングに励み、2002年に念願の国体に出場したのですが、そのころより長年の無理が重なり【坐骨神経痛】に悩まされ始め、辛い日々を送っていたところスキー仲間より紹介された、からだの形を治す『 しんそう療方 』の施術を受けました。

 今までに受けたことがない優しい施術でしたが、坐骨神経痛の痛みが軽くなった(後に完治)施術効果の高さに衝撃を受け、ぜひ『 しんそう療方 』を学び、同じような悩みを抱えている人を元気にしてあげたいと考え、研修会に参加し、現在に至ります。

このページの先頭へ