院内のようす

院長が3ヶ月掛かりで作り上げた手作りの院内です。
8割以上は建具職人の父が手伝ってくれました。

施術スペース
施術スペースはゆったり2面
(基本的に奥が女性用です)
大きなイス
待合スペースの大きな木のイス
(とても座りやすいと評判です)
受付カウンター
待合スペース
待合スペースには、ウォーターサーバー(富士山の天然水)、体のゆがみに関連する書籍があります。
更衣室
更衣室がありますので仕事帰りでも大丈夫です。
キッズスペース
小さなお子様のためのキッズスペースもご用意しています。 一人で遊んでいただけるお子様は一緒にお連れください。
「秀が治しちゃる」
開院のお祝い「秀が治しちゃる」大徳利
色紙
開院して1年で来院された芸能人のサインも並んでいます。 右から藤波辰巳さん、小林さりさん、オレンジ田中哲也さん、オレンジ泉聡さん、プロボクサー丸木和也選手、愛工大名電校野球部主将佐藤大将選手、一番左は患者さんからいただいた感謝の色紙です。
トイレ
当院自慢のちょっとゴージャスなトイレです。毎朝ピカピカにお掃除していますので、気持ちよくお使いいただけますよ。便座は自動で開きますので びっくりしないでくださいね。

以下に開院までの道のりを紹介します

お暇ならご覧ください(ぜひ見ていただきたいのが本音です)。
院長自ら作り上げた愛情のこもった治療所です。

平成22年4月3日

今月から賃貸契約が始まりました。

床はコンクリートにクッションフロア張り、壁と天井は
クロス張りこの状態からのスタートです。

会社勤めをしながら、休日を利用しての作業でした。

平成22年4月6日

まずは照明の配線から始めようと天井をのぞいてみると、
以前の配線がたくさん残されており、その撤去から始めました。

下の画像の2倍以上の電線が天井から出てきました。
電線も買うと高いので助かりました。ラッキー!

平成22年4月18日

4台の蛍光灯の取り付けと5ヶ所のコンセントを取り付けました。
ちなみに、院長は電気工事師の免許を持っています。

平成22年5月1日

待合スペース予定場所にダウンライトを取り付けました。

平成22年5月6日

入口の工事を始めました。写っているのは、私の父と母です。
こちらの大工仕事はほとんど父が行い、私と母はお手伝い。

一日でここまでできました。

平成22年5月7日

入口の工事と並行して床面を上げる工事も始まりました。

平成22年5月8日

平成22年5月26日

床面のコンパネ張りが終わりました。

平成22年5月30日

入口の表面にヒノキの板を張り終えました。

平成22年6月5日

入口のドアと排煙窓が付きました。
父の本職は建具職人なので、このドア作りが本職です。

平成22年6月10日

トイレの床があまり綺麗ではなかったので
木目調のクッションフロアを敷き詰めました。

かなりイメージが変わり、明るい感じになりました。

平成22年6月17日

ヒノキの床板を一枚づつ張り付けてます。
この作業が一番大変でしたが、その甲斐あって綺麗な床ができました。

この写真に写ってるエアコンは、業者さんにお願いしました。

平成22年6月22日

床板を張り終え、畳が入りました。
開院まで残り2週間、なんとか形になってきました。

入口にはガラスも入りました。

平成22年6月25日

施術用のマット、ついたて、スリッパが置かれると、
それらしく見えてきます。

平成22年7月4日

開院二日前に立派な看板が付きました。
こちらは看板屋さんにお願いしました。

平成22年7月6日 大安

しんそう春日井高蔵寺 無事に開院しました。

施術スペースはゆったり2面あります。

待合&問診のスペース

更衣室です

受付カウンターと院長

治療所の外にお花は出しませんでしたが、院内はお祝いの花は
観葉植物でいっぱいになりました。ありがとうございました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

このページの先頭へ